jagurk と愉快な動物たち 

jagurとkの二人の 動物の飼育日記ブログです
マッタリ 更新? コメント、リンク大歓迎!!

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
心霊スポット行った2010
 なんか 久しぶりに前回の記事を書いたらアクセスがすごかった
mixiの方に移行したので あんまり書くつもりもないのだけど
こんなに需要があるんじゃ 面白いイベントがあったこっちにもupした方がいいのかなあ
と思い 一応 mixiの方からコピペしときます
写真はupするのが面倒なので しません
仕組が良く分からないんだけど 記事をupした日のアクセスが多いけど どうやって
UPしたことが 見に来た人に分かったのか 謎どうして?
よろしければ だれかコメントください(まぁだれもしてくれないだろうな・・・




マイーさんとその友達O君、K君とマグロラーメンを食べた後 

そのメンバーで吹上トンネルに行った 

リア充のマイーさんが非リアを集めて リア充イベントを企画してくれたw

吹上トンネルはネットで調べた印象と違い 吹上トンネル周辺はちょっとした山みたい

に森が続いているけど 少し離れると住宅街になっており心霊スポットに多い

だれもいない気味悪さは 感じられなかった

着くとすでに 車が二台止まっており

旧吹上トンネルに向かうと 刺青の入ったヤンキーな夫婦が子供連れで来ていた

子供もギャーギャー行ってるし 何にもないですよーとか言われ

かなり萎えたあせあせ 旧吹上トンネルに着くと

それなりの雰囲気があり もしも 他の人がいない状態なら

それなりに怖いだろうなと 思う感じの ジメジメして森に囲まれるように存在する

トンネルに圧迫感を感じた

写真をとりながらトンネルを通りきって 旧旧吹上トンネルに行ったみようと

しばらく進むも 単なる山道で 特にこれといったものはなく

トンネルを戻る  戻ると先ほどの子連れヤンキー達の声と懐中電灯の光

が少し上の方から 見えたので旧旧トンネルへの道が他にあるのだろうと 

しばらく探す   新吹上トンネルから200メートル位歩いて戻ると

脇の道に入る坂があり そこが旧旧トンネルの道だった

そこを進んで行くと普通に民家があり 生活しているうまい!

そんなヤバいという心霊スポットだったら こんな近くに民家はねーだろな

と思いながら 歩くと廃屋の様な場所があり柵で入れない様になっている

他のサイトでは 廃屋で殺人事件があったとかゆう 噂だが

10数人の人間がうろうろしているので たいして怖くもないがく〜(落胆した顔)

肝心のトンネルは鉄のドアで完全に塞がれ隙間もない状態

感想として

正直時間と時期が悪かった 

心霊スポットは超苦手という人はこの時期の10時位がいいかもしれない

恐怖を味わいたい人は 深夜で夏休み終わった後位に行けばいいかもしれない

霊よりヤンキーとかの方が怖い カップルだけとかは止めた方がいいかもしれない

つーか 止めろほっとした顔
| - | 22:23 | comments(4) | trackbacks(47) | pookmark |
623日ぶりの更新
 623日ぶりの更新になります(^_^;)

更新しないんだったら 終わりだよって言って閉鎖しろやーと思われてもしょうがないですが
前のパソコンがぶっ壊れ写真が見れなくなってしまったのと  初記事から4年以上が経っているので 今のように久しぶりに見返すと懐かしくなかなか消せずにいます あの頃はココ ダイ ビビが生きていた頃から ノン ムクを飼うまでの 犬飼にとっては歴史的な事件?でありこの頃ブログをやっていたというのはちょっとした奇跡のように感じます
あと 更新していないですが 毎日20〜30位の訪問があるようなので 少しは需要があるのかなとも思ったというのもあり 今のところ残しておきたいと思います
現在ではなかなか遊びに行ったりすることもないので なかなか面白いことがありませんが...

ノンやムクは元気にやっていますが 今どうしてるのかと気になるという奇特な方は
たぶん飽きると思いますが今mixiをやっているのでnonで検索すれば良いかと思います

そんなわけで また?今度
| - | 06:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ボール遊び
すっかり忘れていましたが 
カメの新しい仲間 が増えました
jagurさんの友達が 就職が決まり一人暮らしをすることになり 飼っていたカメを
できれば飼って欲しいということになり 飼う事になりました
ヒョウモンリクガメという リクガメでかなり大きくなるカメで 現在でも40cm位あるかな?で 餌やら掃除やら大変そうです

この子です どうぞよろしく



前にも紹介しましたが リクガメ飼育者はぜひ一冊
リクガメ飼育のバイブルです このレベルの本は これ以外だと洋書を読まなければならないと思います


amazonの写真を出したかったのですが ありませんでした
もしかして なかなか無い本なのでしょうか マニアックだしw
小松菜を食べています 小松菜はカルシウムとリンの比率が良く リクガメに適した餌の一つです
詳しくは 上記の本を参照してください





散歩に行きました





散歩では ボール遊びもしました











まーこんな感じで連休を過ごしました 次は冬休みにお会いしましょう
| わんこ | 13:50 | comments(0) | trackbacks(86) | pookmark |
生と死の倫理―伝統的倫理の崩壊
評価:
ピーター シンガー
昭和堂
¥ 2,415
(1998-02)
JUGEMテーマ:趣味


えーっ
なんか2カ月半ぶりという ほったらかしぶりですが・・・・
今までの日記を全部消しちゃうのも もったいないので・・・
これだけほったらかしてるので 定期的に見に来てくれている人はいないと思うのですが あとでこのブログを見たときに この時はこんなことがあったなとか 自分で見るために書いているのが このブログの目的になりつつありますw
まーネットで公開しているので あまり変なことは書かないようにしているつもりでは あるのですが・・・・

とまー 今回は連休ということで 実家に戻ってきて ノン君 とムー子 にも会えましたし デジカメもあるので久しぶりにブログに戻ってきました

とは言っても 今日撮った写真はまだ パソコンに取り込んでもいないので その写真は明日か明後日にでも乗せようと思っています 
長々と上の本と全く関係のないことを書いていますが
自分の知らないうちにこの ブログに新しい機能ができていたらしく レビューという
機能が備わっていたので ちょっと使ってみようというわけです

上の本は ピーターシンガーという哲学者かな?な人で 良く動物の権利についての本を読むと必ずと言っていいほど この方の著書の引用やら本の紹介が載っている その分野ではかなりの有名人です 僕も動物の勉強をしているということもあり その手の本を何冊か読んでおり 彼の名前も知ってはいたのですが実際に 読んだことはなくたまたま地元の図書館に行ったら この本があったので 読んでみました 
借りるつもりもなく軽い気持ちで読んでいたのですが思った以上に面白く なるほど他の本でよく挙げられることはあるなと 納得しました

内容は最初の方では 医学の発展により生じた 昔であれば生じなかった問題
脳死や移植などから 人の死の定義が変わってきているという話題から始まり
脳死 宗教 妊娠中絶 身体あるいは知的障害者 受精卵や胚 動物
などの話題からいかに 一般的に当たり前として受け入れられている倫理が矛盾に満ちているかを 鋭く問いかけていきます 
詳しい内容は読む楽しみが減るのでここでは 述べませんが
僕はかなり衝撃を受けました 漠然とは現代社会の倫理に矛盾を感じてはいたのですが
この本を読んですっきりとしました が 内容はかなり過激なので人によっては
強い衝撃を受ける人もいるかもしれません
動物の権利などに詳しい人は 何をいまさらーな話なのかもしれませんが・・・
現実はいつも厳しいなーと思いましたw


| | 01:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
田舎に行って来た!2
前回 牧場の事をまとめると書いたのですがなんか まだレポートができておらず
時間がかかりそうなので 二回目の田舎に行って来た時の写真を載せたいと思います
あと ムーの泳いでる動画も撮れたので よろしければ見てみてください
なんか自分のブログを見てると 思うのですが 親バカというか犬バカだなー
と改めて思います ハガキの裏に子供の写真をプリントする人の気持ちが分かった様な気がしますw

シリーズ化 車窓からw



漢字が間違ってるけど・・・めんどいので



遊びですw
遊んでる川は地元の人しか知らないと 書きましたが
その理由はこれです





ノン君(♀)ですが 風格が出てきてます なんか嫌な事があるとすぐムーに 八つ当たりというかプレッシャーをかけに行きます ジャイアンみたいです



今回は釣りもしてきました 写真はうちの親父様です
渓流?というほど綺麗な川 ではないかもしれませんが
渓流では 石をひっくり返すと カワゲラの幼虫などがいるので
それをエサとしてつけます 当然その川に住む魚は 普段からそういった虫
を食べているので 一番いい餌になります
だから 特に餌を持っていかなくても釣りをすることができるのです



釣果です jagurとkで一時間位でこの位です
カワゲラを探す時間の方が 多いですがそれもまた 楽しいのです



一番大きかったのはこのカワムツという魚です あとはウグイが釣れました
運がいいとヤマメなども釣れます もっと上流に行くと イワナが釣れるそうですが
釣った事はありません イワナとヤマメは温度で棲み分けをしているので ヤマメのいるところには基本的にイワナは いないとされています



ムーの泳いでいるところです 動画もどうぞ↓





ムーが流れてきたなんかを パクッとするところ



ここ掘れワンワン動画



ここで金貨がザクザク出てくれば 将来の不安の九十%位は
解決するのですがw まーそううまくはいきません
というわけで また お会いしましょう
| 日記 | 01:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
牧場で働いてきましたー 
最近更新しなかったのは 牧場で働いていたからです
時間的にできなかったのではなく あまりに疲れて更新しようという気力が全くありませんでした('A`)  日ごろ散歩以外の運動をしないkなので 本当にキツカッタdeath 
本来だったらもっと暑いはずなのですが 今年は天気が悪くまだましだったはずなのですが・・・・ 体力不足を改めて実感しました

今回お世話になった牧場は 家族で経営されている牧場で 現在では 畜産農家の数は減り続ける一方 一農場あたりの牧畜は増えていき
畜産の大規模化 効率化が進んでいるので 最近では珍しくなっている?小さな牧場です

牛はご存知の通り 大きく分けて 肉用の肥育牛と 牛乳用の乳牛がいます
この他にも 繁殖を専門とする牧場もあるみたいです
今回の行った牧場は 少し変わっていて基本的には乳牛なんですが
乳牛に黒毛和牛の子供を産ませて 肉牛の肥育専門の牧場に売っているそうです
えっと ちなみに乳牛とはいっても勝手に 牛乳が出るわけではなく
子供を産まないと出ないってこと ご存知だったでしょうか? ちなみにkは
大学に入るまで知りませんでした いやーお恥ずかしい 
話は戻りますが なぜ乳牛に和牛の子供が産まれるかというと
こちらの農家では 和牛の受精卵を買って来て 乳牛に種付けしているそうです
なんか 家族経営の小さな牧場でも そんな バイオ?なことをやっている
なんて少しびっくりです そのくらいのことをしていかないと小さい牧場ではやっていけないのかもしれません どの業界も競争競争で大変です( ̄□ ̄;)
他にも この牧場では牛の乳房炎防止のために ブラジャー(正式名称は知りません 牧場の方がそう呼んでたんですヨ・・・)を着けている点が面白かったです 
これが以外に効果があるそうです まー詳しくは後編でお話します

この牧場での体験をまとめてレポートにしなければならないので
まとめ終わったら このブログでも簡単に お話したいと思います
畜産関係と関わっていない方には 新鮮で面白いかもと思うので
また遊びに来ていただければと思います 一週間位後を目安で・・・・

というわけで 作業風景の写真です こちらの農家の小学生の息子さんと
仲良くなったので その子に撮ってもらったものです

忘れていましたが
作業は基本的に
餌やり→糞等の掃除→搾乳→休憩→子牛の世話→他のいろいろな作業→餌やり・・・
とループして一日が終わります
kは他の〜までお手伝いさせてもらいました



穀物とか濃厚飼料を与えている時です ちなみに奥がk・・・w




乳牛は全頭ホルスタインです



牧草と濃厚飼料とのバランスが大切だとか



搾乳風景です 搾乳は搾乳機を使います・・・っていうか手でやってたら絶対終わりませんw 消毒液の入ったバケツの中には雑巾 が入っていてそれで 搾乳前に
牛の乳房を拭きます そんで搾乳機を着けて搾乳し 終わったら毎回搾乳機は消毒液の入ったバケツで洗います
搾乳機を消毒しないと もし乳房炎の牛がいると感染していまいます
乳房炎の牛の牛乳は当然 出荷できないので乳房炎は重要な疾患なのです



真ん中にレバーみたいのがあって牛が押すと水が出るようになっています食後は
牛が押しまくるので 近くの水道の水がほとんどでなくなってしまいます




コイツラは牛舎や家の周りを自由にうろついて餌をついばんでいます
なんか農家っぽくていいなー 肉にもされないしコイツラが一番
幸せなんじゃ・・・・




搾乳と給餌の時以外はほとんどゴロゴロしています




ホラー映画に出てきそうな格好のkです
粉塵がマジ凄いので マスクをしないと喉にきます



白っぽいのもいます それぞれ性格が違います



この子は前記の受精卵から産まれてきた子 カワイイですが 肉牛なので
短い一生です



牛なので食っちゃ寝です



ガオーーー



この子も肉牛 まー乳牛も最後はお肉になるんですけどね



近くで見るとめちゃデカイです 最初は怖くて恐る恐る掃除をしていました
ケリを真近で見ると勇気が無くなりますw
なんとか蹴られたりは無かったですが 荒っぽいのはやはり怖いですね





穀物の値段の上昇で 餌の値段が1.5倍になってしまったそうです
畜産業界は今大変らしいです みんなで牛乳を飲みましょうー

まー今回はこんなとこです
| お仕事 | 12:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
カミツキガメに噛まれると・・・・
今丁度印旛沼でカミツキガメの駆除が始まっています
詳しくはここ→
http://mainichi.jp/area/chiba/news/20080709ddlk12040177000c.htmlkも一昨年 印旛沼にカミツキガメを 見に行ってきたことは このブログでも紹介しました
駆除が終わってしまう前に 生き生きと自然の中で生きているカミツキガメを見たかったのですが・・・
ご存知の方も多いと思いますが
カミツキガメは 実はそんなに凶暴でも 噛む力が強くもありません
テレビは大げさに 面白可笑しく放映するので なんかとんでもない怪物のように
放送されますが・・・
カミツキ好きな人は 頭にくるでしょう というかきます(`・ω・´)
では なぜ駆除されているのでしょうか? 噛み付かれて危険だからではありません 生態系を壊す危険があるからです

でもそれだったらミドリガメとか駆除した方がいいんじゃ・・・?
と思われる方もいらっしゃるかと思います
実際    農林水産省の特定外来生物一覧
http://www.env.go.jp/nature/intro/1outline/list/index.html

を見ると分かりますが カミツキガメは記載されている一方 ミドリガメは登録されていません(当然ミシシッピアカミミガメとしても)
生態系に与える影響としては ミドリガメの方が大きいはずですが
もうあまりに 増えてしまって駆除が不可能な動物や リストに乗せることで 破棄などが増える事などが考慮されているらしいです(ソースを忘れてしまったので 参考程度に考えてください!( ̄□ ̄;))
アメリカザリガニもこのリストに載っていないことも考えると 信頼性は高いと思いますが・・  今更アメリカザリガニの駆除は不可能ですしねーさすがに( ̄ー ̄)

そんな訳で カミツキガメの駆除として考えられるのは
・凶暴なカメとして嫌われているので駆除しても世論の反発が少ない
・生態系に大きな影響を与える可能性がある
・正確に繁殖の確認がされているのは 印旛沼だけであり完全な駆除が可能である?
・カメの駆除のテストケースになる
こんなところでしょう カメ好きには辛いですが・・・

と なんかカミツキガメの噛む力から脱線しましたね・・・というわけで
いきなりですが

 



これは甲長20cm位のカミツキガメに噛まれた時の写真です
(当然ですが 飼ってないですよ・・・・・・・・・(・−・ ))
カミツキガメは大きくなると 甲長40cm位になりますから大きいカメに噛まれれば もちろんこれ以上の 傷になるでしょう がこの程度です (写真は 血は出ていますが縫うほどではなく二〜三日で治りました 引っかき傷程度です)
ですから 必要以上に怖がらないであげて欲しいと 思うのです

カミツキガメは 他の日本のカメに比べると 単純に大きくなるということだけが
噛み付く強さであるだけです 特別に強い力を持つわけではありません
アカミミガメでも 同じ大きさであればこれくらいの傷には なります
また 水生の強いカメですから 出会う確率は他のカメより 低いですし
出会っても襲ってくる事はありません 

ここまでカミツキの擁護をしといてなんですが・・・・・
ワニガメの噛み付く力は半端ないです・・
ある程度 大きな個体に噛まれれば楽に 指くらいは持っていかれるでしょう

では この違いは何かと考えれば (私的な考えですが)食性の違いではないかと考えるのが自然ではないかと思います
カミツキガメでは 自然界では雑食性で水生植物 から昆虫、甲殻類、魚類となんでも食べているカメです
ワニガメは自然界では魚類が中心ですが 他のカメも襲って食べるそうです
このカメ砕いて食べるためにあごの力が強いのではないかと思います
マタマタも魚類中心の食生活であるものの ワニガメと違いカメは食べないので
似た?カメであるものの 顎の強さは強くありません

ですから 噛まれてはいませんが 貝などをバキバキ砕いて食べる種類のカメなどは
かなり顎の強さが強いので 注意すべきだと思います

以上で 記事のほうは終わりですが
ニコニコ動画で噛む力の強さについて面白い ナショナルジオグラフィックの動画がupされているので紹介させて頂きたいと思います
後半ではワニガメの噛む力が出てきますが ちょっと怖くなるぐらいに強いです
飼育している皆さんは気をつけてくださいね
日本のテレビもこの位まともならなーと 改めて思います
アホそうなアナウンサーが大根を噛ませてきゃーきゃー言って終わりですからね
日本は・・・・
| 動物news | 21:57 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
川遊び


写真が大きすぎて 過去の記事とかが 下の方に行ってしまっています
過去の記事が読みたい奇特?w な方は下のほうを見てみてください


一昨日祖母の田舎に 遊びに行ってきました
山の上流?にあるので 泳げるくらいに水はきれいで 毎年そこで泳いで
帰りに蕎麦を食べて帰って来るのが 夏休みの一番の楽しみとなっています
道路のすぐ側にある川なのですが 木が生い茂っていて見えなくなっているせいか
地元の人しか知らない 穴場スポットとなっています
まー 百聞は一見にしかず なので写真を見ていただければと思います

あまりに田舎なので ついつい車から風景を撮ってしまいましたw
初動画です



ブレが凄くて見にくいですが 試験的に載せてみました









なんのヘンテツもない田舎なのですが 田舎に近づいてくると
ついついテンションが上がって パシャパシャ撮ってしまいますw




泳ぎはムクの方が得意です








ノンとムクではずいぶんと 違うのがわかりますねー



ムクが泳いでます やっぱりイヌカキですw



ちなみに 左が父で 右がkです この日は前日に雨が降ったらしく
結構流れが速いので流されてしまいます ですが しばらく流されと浅いところに流れ着くので 子供とか泳ぎが苦手な人以外は 大丈夫だと思います



この動画が下 ↓







ノンも慣れてきて ジャバジャバと浅瀬で楽しそうですw



流されるジャガーさんw




ムーはほんとに 泳ぐのが楽しそうです
川の水はきれいなのですが 昔見られたカジカやアカザが最近では 少なくなってしまったみたいで 今回は見つけられませんでした 

height="485" alt="" class="pict" />






産まれたときから この川へ毎夏遊びに来ていますが ここだけは変わりません
変わって欲しくないなと思いますね




魚は アユ カワムツ ウグイ たまにヤマメ が釣れます
さらに上流ではイワナが釣れるそうです ウナギもいるそうですよ
このきれいな川で育ったウナギは美味しそうです



・・・・・・・・・・・・釣り人( ̄ー ̄)



写真が大量だったのでいろいろ大変でした もう一度田舎へは行くつもりなので次は
ムーの泳いでる動画を撮れたら撮ってこようと思います

| - | 00:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2007年4月1日のノンとムク
この頃はすでにkもjagurさんも大学の近くにいたので 母が撮ってパソコンに保存されていたものです

近所の川の砂場で遊ばせていたようですが この川結構汚いので 遊ばせると臭くなりますw この後洗ったんでしょうか?







ノンが何ともいえない表情をしています
この散歩道は 桜の季節は 良い散歩コースです













残念ながら財宝は出てこなかったようですw
| - | 17:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2007 01 14 までのノンとムク
パソコンに保存されていた 2007年1月14日までの ノンとムクです

毎日暑い日が続きますが 寒い頃の写真です 
散歩コースの一つの 日常です
この時期は 毎年ユリカモメがやってきます 家の犬たちは追いかけたりと
いい運動になるので 助かっています  小学生の頃は 給食であまったパンを友達と
学校の帰りに よくあげていました 鴨にもあげたいんですが ユリカモメの方がすばやいので ユリカモメばっかりがたべてしまいます
そんな 寒い日の一日です




height="401" alt="" class="pict" />




これは近所の公園ですが....
泥食べてますね.... ちなみに母撮影です 
なぜ 止めないんだろーw







もう一年半位前の写真なので 幼い感じがします


height="343" alt="" class="pict" />

| - | 23:32 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
ノルウェイの森 上 (講談社文庫)
ノルウェイの森 上 (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
村上 春樹
カフカ賞おめです 春樹
日本で一番ノーベル文学賞に近い男
RECOMMEND
利己的な遺伝子
利己的な遺伝子 (JUGEMレビュー »)
リチャード・ドーキンス, 日高 敏隆, 岸 由二, 羽田 節子, 垂水 雄二
これも 衝撃  
RECOMMEND
パラサイト・レックス―生命進化のカギは寄生生物が握っていた
パラサイト・レックス―生命進化のカギは寄生生物が握っていた (JUGEMレビュー »)
カール ジンマー, Carl Zimmer, 長野 敬
これも衝撃をうけた
一冊 
RECOMMEND
深海生物学への招待
深海生物学への招待 (JUGEMレビュー »)
長沼 毅
中学の時読んで衝撃を受けた本
RECOMMEND
ピューと吹く!ジャガー (1)
ピューと吹く!ジャガー (1) (JUGEMレビュー »)
うすた 京介
一家に一ダース オススメのマンガです。初めは面白くないですが、どんどん面白くなっていきます。
ハマー(登場人物)サイコー!!
RECOMMEND
TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)
TUGUMI(つぐみ) (中公文庫) (JUGEMレビュー »)
吉本 ばなな
一家に一冊 僕の初めてちゃんと読んだ小説です。すごくさわやかな感じで良い本なのでぜひ読んでください!!
RECOMMEND
ミドリガメの飼い方―水生ガメの飼育と繁殖
ミドリガメの飼い方―水生ガメの飼育と繁殖 (JUGEMレビュー »)
樋口 守
一亀に一冊 隠れた良本です ニオイガメやドロガメの繁殖が載っています 買う価値あり
RECOMMEND
ショーシャンクの空に
ショーシャンクの空に (JUGEMレビュー »)

一家に一枚 本当に良い映画です。 感動と情熱をありがとう〜〜
RECOMMEND
イヌ・ネコ家庭動物の医学大百科
イヌ・ネコ家庭動物の医学大百科 (JUGEMレビュー »)
山根 義久
一家に一冊 犬猫から爬虫類までの かかりやすい病気がでています 
RECOMMEND
Fate/Stay night DVD版
Fate/Stay night DVD版 (JUGEMレビュー »)

何も言わずやってみてくださいw
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
元気にポチッと
ランキングに参加中です!! よろしくお願いします (=゚ω゚)ノ
ポちっとな
ランキングに参加中です!! よろしくお願いします (=゚ω゚)ノ
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE