jagurk と愉快な動物たち 

jagurとkの二人の 動物の飼育日記ブログです
マッタリ 更新? コメント、リンク大歓迎!!

<< バン君(ヘビ)+アホ学生=フナ虫   | main | 運命の出会い クレステッドゲッコウ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
カリキン=カリフォルニアキングスネーク
kaikin
(°ー°)==========〜〜
ヘビ嫌いではないし むしろ好きなのですがどーもマウスをあげるのが嫌で 飼っていた青大将を逃がしてきたkですが(しかもすげー凶暴になってjagurさんの餌に匂いに・・・つーんじゃなくほんとむかってくるんすよTT)

将来的には ヘビもなにか飼ってみようかなとは思ってるんですがね
というわけで 今回は最近jagurさんが はまっているカリキンについてです

北アメリカの西海岸側 バハー・カリフォルニア、オレゴンおよび南ユタへの北および東からアリゾナ西部への米国西部に生息 体長は3フィート
から最大4フィート

・・・まったくわからん アメリカの地理なんてしらんよ わし しかもフィートってどれぐらいなん?

餌はげっ歯類 トカゲ 鳥 カエル ヘビ など

まーなんでも食べるってことですよね なんでも現地では小さいカメも食っちゃうとか

特に毒蛇を食べるところから キングスネークという名がつく

コレは良く本とかにも載ってますけど 特にキングスネークはヘビ食ガ強いらしく ガラガラヘビやらサンゴヘビ(かなり毒が強い)などもわしゃわしゃとくっちまうそうです 毒蛇を食うので毒への免疫があるといわれていますが実際には無いとか(サイトによってばらばら)しかもキングスネーク同士も食い合うので もちろん単独飼育が基本です(同じ大きさ同士だったら早いもの勝ちなのだろうか?)

性格は 物怖じせず 余り活発ではない

飼育下でもよくいわれますなーたしかに

生育域は広く 森林(forest) 林(woods) 湿地 草原 砂漠など

コレは結構カリキンがペットとなるのに重要だったのではと思います 一つに生育域が広ければそれだけさまざまな環境に適応できるということなので温度や湿度の面での管理が比較的簡単になりえます もう一つ重要なのは各々の生育環境にあった体色を取るのでカラーやパターンが非常にバラエティーに富んでいます これらの要素はカリキンがペットスネークとなった大きな要因でしょう

たいていは朝と夕方に活動するが 夏の暑い数ヶ月は夜行性になり夜活動する

これは飼ってないのでわかりませんね〜あとでjagurさんにでも聞いてみます

普段は一匹狼だが冬眠する時は仲間で集まる習性がある

一匹狼はsolitaryのうまい訳が思いつかなかったので・・あー 単独とかがいいかも  飼育下のカリキンの繁殖では冬眠させたあとメスが脱皮をするので冬眠明けの脱皮が終わったらオスを入れ交尾が行われると 書いてあることが多い (野生下ではこの冬眠中集まッた時に交尾するのか 脱皮が終わるまで待つのかは疑問です・・ちょっと調べてみたい気もします)

基本的に温和なヘビですが脅かされると 尻尾を震わせシュと飛び掛ってくるそうです また攻撃されると頭を中心に丸まって攻撃者に糞便と麝香(musk)を振りかける

うわー( ̄□ ̄;)怖!!特に糞便  muskは辞書では麝香とありますが哺乳類でいうところの肛門腺分泌液みたいなもんでしょう(これも時間があればしらべてみたいです あーしらべなさそーw)ちなみにkが飼っていた青大将も無理やりハンドリングするとミミズみたいな匂いをさせていたのできっとそのようなものでしょう たぶん慣れてる固体なら上記のようなことはしないと思いますよ・・・たぶん・・ そうだとイイよね・・・ -_-
狩りは嗅覚と振動から獲物がやってくるのを感知して見つけると即座に噛み付きコイル状に巻きつき窒息させ弱ったところを飲み込んでいく

これはまさにこの間のjagurさんのあの巻き付きです→私はそんな子に育てた・・ry)を参照 jagurさんの指をガラガラヘビだと想像してみてみてくだされ


とまーこんなところです また追加で面白いことがわかったりしたらまた記事にします あとカリキンて基本的に大きく分けるとストライプとバンドもようじゃないですかー(ちなみにjagurさんのバンの野郎はバンドね)バンドの子供は絶対バンドというわけじゃなくて バンドとストライプが一緒にうまれたりするらしーです それを聞いたらなんか見てみたいなーと思いましたjagurさんちのバンがオスだったらメスを買ってきてお見合いとかもおもしろいかなーと思いました でもどっちかが食われたりしたらすげーきまずいなーー((((;゚Д゚)))

補足ですが  http://www.californiaherps.com/snakes/pages/l.g.californiae.html
ここは英語のサイトなのですが カリキンのワイルド個体がたくさん載っており英語がだめな人も楽しめるのではと思います またこのサイトのpage3というところには カリキンの生息地の写真が見ることができ 飼っているヘビの出身地(ご先祖様)はこういうところなのかーと 見てみるのもたのしーですよ     by k
| 動物news | 17:18 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 17:18 | - | - | pookmark |
コメント

http://ahxgmni.keikaku.elect-lon.com/ahxgmni/
ここでフェラの練習につきあったら
やってる最中にアOルを指で掘られた・・・
瞬間背筋がゾクゾクっってなって口の中にだしちまった(笑)
| XRR | 2011/03/25 5:25 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://jagurk.jugem.jp/trackback/23
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
ノルウェイの森 上 (講談社文庫)
ノルウェイの森 上 (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
村上 春樹
カフカ賞おめです 春樹
日本で一番ノーベル文学賞に近い男
RECOMMEND
利己的な遺伝子
利己的な遺伝子 (JUGEMレビュー »)
リチャード・ドーキンス, 日高 敏隆, 岸 由二, 羽田 節子, 垂水 雄二
これも 衝撃  
RECOMMEND
パラサイト・レックス―生命進化のカギは寄生生物が握っていた
パラサイト・レックス―生命進化のカギは寄生生物が握っていた (JUGEMレビュー »)
カール ジンマー, Carl Zimmer, 長野 敬
これも衝撃をうけた
一冊 
RECOMMEND
深海生物学への招待
深海生物学への招待 (JUGEMレビュー »)
長沼 毅
中学の時読んで衝撃を受けた本
RECOMMEND
ピューと吹く!ジャガー (1)
ピューと吹く!ジャガー (1) (JUGEMレビュー »)
うすた 京介
一家に一ダース オススメのマンガです。初めは面白くないですが、どんどん面白くなっていきます。
ハマー(登場人物)サイコー!!
RECOMMEND
TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)
TUGUMI(つぐみ) (中公文庫) (JUGEMレビュー »)
吉本 ばなな
一家に一冊 僕の初めてちゃんと読んだ小説です。すごくさわやかな感じで良い本なのでぜひ読んでください!!
RECOMMEND
ミドリガメの飼い方―水生ガメの飼育と繁殖
ミドリガメの飼い方―水生ガメの飼育と繁殖 (JUGEMレビュー »)
樋口 守
一亀に一冊 隠れた良本です ニオイガメやドロガメの繁殖が載っています 買う価値あり
RECOMMEND
ショーシャンクの空に
ショーシャンクの空に (JUGEMレビュー »)

一家に一枚 本当に良い映画です。 感動と情熱をありがとう〜〜
RECOMMEND
イヌ・ネコ家庭動物の医学大百科
イヌ・ネコ家庭動物の医学大百科 (JUGEMレビュー »)
山根 義久
一家に一冊 犬猫から爬虫類までの かかりやすい病気がでています 
RECOMMEND
Fate/Stay night DVD版
Fate/Stay night DVD版 (JUGEMレビュー »)

何も言わずやってみてくださいw
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
元気にポチッと
ランキングに参加中です!! よろしくお願いします (=゚ω゚)ノ
ポちっとな
ランキングに参加中です!! よろしくお願いします (=゚ω゚)ノ
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE