jagurk と愉快な動物たち 

jagurとkの二人の 動物の飼育日記ブログです
マッタリ 更新? コメント、リンク大歓迎!!

<< カミツキガメに噛まれると・・・・ | main | 田舎に行って来た!2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
牧場で働いてきましたー 
最近更新しなかったのは 牧場で働いていたからです
時間的にできなかったのではなく あまりに疲れて更新しようという気力が全くありませんでした('A`)  日ごろ散歩以外の運動をしないkなので 本当にキツカッタdeath 
本来だったらもっと暑いはずなのですが 今年は天気が悪くまだましだったはずなのですが・・・・ 体力不足を改めて実感しました

今回お世話になった牧場は 家族で経営されている牧場で 現在では 畜産農家の数は減り続ける一方 一農場あたりの牧畜は増えていき
畜産の大規模化 効率化が進んでいるので 最近では珍しくなっている?小さな牧場です

牛はご存知の通り 大きく分けて 肉用の肥育牛と 牛乳用の乳牛がいます
この他にも 繁殖を専門とする牧場もあるみたいです
今回の行った牧場は 少し変わっていて基本的には乳牛なんですが
乳牛に黒毛和牛の子供を産ませて 肉牛の肥育専門の牧場に売っているそうです
えっと ちなみに乳牛とはいっても勝手に 牛乳が出るわけではなく
子供を産まないと出ないってこと ご存知だったでしょうか? ちなみにkは
大学に入るまで知りませんでした いやーお恥ずかしい 
話は戻りますが なぜ乳牛に和牛の子供が産まれるかというと
こちらの農家では 和牛の受精卵を買って来て 乳牛に種付けしているそうです
なんか 家族経営の小さな牧場でも そんな バイオ?なことをやっている
なんて少しびっくりです そのくらいのことをしていかないと小さい牧場ではやっていけないのかもしれません どの業界も競争競争で大変です( ̄□ ̄;)
他にも この牧場では牛の乳房炎防止のために ブラジャー(正式名称は知りません 牧場の方がそう呼んでたんですヨ・・・)を着けている点が面白かったです 
これが以外に効果があるそうです まー詳しくは後編でお話します

この牧場での体験をまとめてレポートにしなければならないので
まとめ終わったら このブログでも簡単に お話したいと思います
畜産関係と関わっていない方には 新鮮で面白いかもと思うので
また遊びに来ていただければと思います 一週間位後を目安で・・・・

というわけで 作業風景の写真です こちらの農家の小学生の息子さんと
仲良くなったので その子に撮ってもらったものです

忘れていましたが
作業は基本的に
餌やり→糞等の掃除→搾乳→休憩→子牛の世話→他のいろいろな作業→餌やり・・・
とループして一日が終わります
kは他の〜までお手伝いさせてもらいました



穀物とか濃厚飼料を与えている時です ちなみに奥がk・・・w




乳牛は全頭ホルスタインです



牧草と濃厚飼料とのバランスが大切だとか



搾乳風景です 搾乳は搾乳機を使います・・・っていうか手でやってたら絶対終わりませんw 消毒液の入ったバケツの中には雑巾 が入っていてそれで 搾乳前に
牛の乳房を拭きます そんで搾乳機を着けて搾乳し 終わったら毎回搾乳機は消毒液の入ったバケツで洗います
搾乳機を消毒しないと もし乳房炎の牛がいると感染していまいます
乳房炎の牛の牛乳は当然 出荷できないので乳房炎は重要な疾患なのです



真ん中にレバーみたいのがあって牛が押すと水が出るようになっています食後は
牛が押しまくるので 近くの水道の水がほとんどでなくなってしまいます




コイツラは牛舎や家の周りを自由にうろついて餌をついばんでいます
なんか農家っぽくていいなー 肉にもされないしコイツラが一番
幸せなんじゃ・・・・




搾乳と給餌の時以外はほとんどゴロゴロしています




ホラー映画に出てきそうな格好のkです
粉塵がマジ凄いので マスクをしないと喉にきます



白っぽいのもいます それぞれ性格が違います



この子は前記の受精卵から産まれてきた子 カワイイですが 肉牛なので
短い一生です



牛なので食っちゃ寝です



ガオーーー



この子も肉牛 まー乳牛も最後はお肉になるんですけどね



近くで見るとめちゃデカイです 最初は怖くて恐る恐る掃除をしていました
ケリを真近で見ると勇気が無くなりますw
なんとか蹴られたりは無かったですが 荒っぽいのはやはり怖いですね





穀物の値段の上昇で 餌の値段が1.5倍になってしまったそうです
畜産業界は今大変らしいです みんなで牛乳を飲みましょうー

まー今回はこんなとこです
| お仕事 | 12:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 12:11 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://jagurk.jugem.jp/trackback/130
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
ノルウェイの森 上 (講談社文庫)
ノルウェイの森 上 (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
村上 春樹
カフカ賞おめです 春樹
日本で一番ノーベル文学賞に近い男
RECOMMEND
利己的な遺伝子
利己的な遺伝子 (JUGEMレビュー »)
リチャード・ドーキンス, 日高 敏隆, 岸 由二, 羽田 節子, 垂水 雄二
これも 衝撃  
RECOMMEND
パラサイト・レックス―生命進化のカギは寄生生物が握っていた
パラサイト・レックス―生命進化のカギは寄生生物が握っていた (JUGEMレビュー »)
カール ジンマー, Carl Zimmer, 長野 敬
これも衝撃をうけた
一冊 
RECOMMEND
深海生物学への招待
深海生物学への招待 (JUGEMレビュー »)
長沼 毅
中学の時読んで衝撃を受けた本
RECOMMEND
ピューと吹く!ジャガー (1)
ピューと吹く!ジャガー (1) (JUGEMレビュー »)
うすた 京介
一家に一ダース オススメのマンガです。初めは面白くないですが、どんどん面白くなっていきます。
ハマー(登場人物)サイコー!!
RECOMMEND
TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)
TUGUMI(つぐみ) (中公文庫) (JUGEMレビュー »)
吉本 ばなな
一家に一冊 僕の初めてちゃんと読んだ小説です。すごくさわやかな感じで良い本なのでぜひ読んでください!!
RECOMMEND
ミドリガメの飼い方―水生ガメの飼育と繁殖
ミドリガメの飼い方―水生ガメの飼育と繁殖 (JUGEMレビュー »)
樋口 守
一亀に一冊 隠れた良本です ニオイガメやドロガメの繁殖が載っています 買う価値あり
RECOMMEND
ショーシャンクの空に
ショーシャンクの空に (JUGEMレビュー »)

一家に一枚 本当に良い映画です。 感動と情熱をありがとう〜〜
RECOMMEND
イヌ・ネコ家庭動物の医学大百科
イヌ・ネコ家庭動物の医学大百科 (JUGEMレビュー »)
山根 義久
一家に一冊 犬猫から爬虫類までの かかりやすい病気がでています 
RECOMMEND
Fate/Stay night DVD版
Fate/Stay night DVD版 (JUGEMレビュー »)

何も言わずやってみてくださいw
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
元気にポチッと
ランキングに参加中です!! よろしくお願いします (=゚ω゚)ノ
ポちっとな
ランキングに参加中です!! よろしくお願いします (=゚ω゚)ノ
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE